TOEICとTOEFLの違い:どちらが有利か?

英語能力試験について話す時、 最もよく登場する試験はTOEICとTOEFLかと思います。 二つの試験は両方とも標準英語試験として、 リスニング、 リーディング、 スピーキング、 ライティングの4技能で英語能力を評価します。 TOEICのTOEFLの違いは何で、 それぞれ違う二つの試験で存在するのでしょうか? 今日はTOEICとTOEFLの違いと、 どちらの試験がより有利かについてお伝えします。   ETSを理解する ETS(Educational Testing Service)はTOEICとTOEFLを主催する国際的な非営利団体です。 TOEICとTOEFL以外にもGREなどの試験を主催しています。 非営利団体というと全ての人に開かれた公正な機関というイメージが浮かびますよね。 そのため非営利団体であるETSで主催するTOEICとTOEFLは全世界の多くの国と機関によって受け入れられています。   TOEICとTOEFLの違い – TOEICとは? TOEICはTest Of English for International Communicationの略称で英語の実力を判断するのに役立つ標準試験です。 TOEICは特に、 国際的な環境における英語のビジネスコミュニケーション能力を評価することに焦点を当てている試験です。   どんな人がTOEICを受けるの?  TOEICは主に国際/多国語機関で入試志願者の英語の実力を評価するための目的で使用されます。 志願者が職場で円滑に働くために英語の実力が十分でなければならないからですね。 TOEICで扱う主題は職場内のビジネス状況と関連しており、 企業が活用するのに役立ちます。 企業はTOEICを採用目的に合わせ、 管理目的で活用したりもします。 例えば、 … Read More

Featured Post

ストアにレビュー&評価を投稿して抽選で豪華景品GET!

Featured Post
FREE for 3 Days

3日間無料!スマートなAI TOEIC リドチューターを体験してみませんか?

こんにちは。AI TOEIC, リドチューターです。 より多くの方々にリドチューターをご体験いただきたく、10月1日午前9時から72時間、全体サービスを“無料”でご利用いただける機会を準備いたしました。みなさんの学習のお役に立てるようリドチューターの全ての講義、問題、単語学習を全て無料でご提供いたしますので、是非この機会にたくさんご利用ください!  (新規加入ユーザー様は会員登録日から72時間無料でご利用いただけます。)

Featured Post
TOEIC単語

紛らわしいTOEIC単語を暗記する

こんにちは。リドチューターです! TOEICの単語を暗記すること、 簡単ではないですよね。 他のテストと同様、 TOEIC試験にもひっかけ問題があります。 TOEICの単語問題の場合”homonym、 homograph、 homophone”を利用してひっかけようとします。 なので今日は”homonym、 homograph、 homophone”とは何か、 そしてどのように区別するのかについて紹介したいと思います。   TOEIC単語 : homonymとは? homonymという言葉を聞いたことがありますか?  homonymは「同一」を意味するギリシャ語の「homos」と名前の「numon」から来ています。 homonymはスペルまたは音は同じでも意味が異なる単語のことを指します。 例えば、 「pitcher」という英単語は野球の試合でボールを投げる選手の「投手」を意味すると同時に、 飲み物などが入ったやかんの形の「容器」や「水差し」を意味します。 homonymには、 2つの下位タイプであるhomograph(同形異義語)とhomophone(同音異義語)があります。 homograph(同形異義語)の「-graph」は「(文などを)書く」という意味のギリシャ語「grapho」から由来し、 homophone(同音異義語)の「-phone」は「声」という意味のギリシャ語「phone」から由来しました。 同形異義語と同音異義語の違いはなんでしょうか? homograph(同形異義語)はスペル(spelling)は同じでも意味が違う単語のことです。 Homograph単語の発音は全く同じこともありますが、 違うこともあります。 例えば、 「bat」という英単語は、 動物の「コウモリ」を指したり「野球のバット」を指したりします。 Leadという単語は「鉛」という意味もあり「(誰かを)導く」という意味もあります。 「Bat」は「コウモリ」と「野球バット」という発音は同じですが、 「lead」は「鉛」と「導く」という動詞とで発音は異なります。   lead  鉛 [lɛd] 導く(案内する) … Read More

Featured Post
TOEICのコツ

TOEICこれだけは覚えておこう! TOEICのコツ10選

今日はTOEICに向けて絶対に覚えておくべき10個のコツを伝授します。   TIP 1. TOEICは短期間で準備するテストではない! 日々一定量を勉強することでスコアをあげることができます。   TIP 2. TOEIC診断テストで自分のレベルを正確に把握しよう! TOEICの勉強を本格的に始める前に、 TOEIC診断テストで自分のレベルを把握しておくといいでしょう。 そうすることで勉強の方向性や量、 期間を設定するのに役立ちます。 リドチューターのアプリを利用するとたった12問を解くだけでAIが分析したTOEIC予測スコアが算出されます。   TIP3. TOEICを初めて受ける人は、 アドバイスを求めよう! 「どうやって勉強すれば良いのか分からない」「自信がない」という時は、 他の受験者のTOEIC成功体験記を読んでみてください。 目標スコアを達成した人のコツやテクニックなどを参考にできると思います。   TIP4. TOEICのリスニング問題、 Part3と4は音声が再生される前に問題を前もって読んでおこう! そうすればどの部分に集中して聞けばいいのかが分かり、 音声に備えることができます。 音声を聞いてから問題を読もうとすると、 問題を読んでいるうちに音声がどんな内容だったか忘れやすくなります。   TIP5. TOEICのリスニング問題は消去法を利用して解こう! リスニング音声は流れるスピードが早いので、 内容を全て聞いてから正解を選ぼうとすると、前の内容を忘れたり、後の内容を聞き逃したりしてしまいます。それを防ぐために、誤答だと思った選択肢はどんどん消去していく方式で解いてください。   TIP6. TOEICのリーディング問題を解く時、和訳にこだわるのはやめよう! TOEICの問題文を読んで全ての単語や文章を母国語に翻訳しようとするのはやめましょう。リーディング問題を解く時は問題文全体の内容を理解することよりも問題解答の手がかりを探す方が重要です。単語一つ一つを理解して読むほど試験時間は十分にありません。   … Read More

Featured Post

アンケートイベント抽選結果の発表!

この度は、リドチューターOPEN記念アンケートイベントにお申し込みいただき誠にありがとうございました。 貴重なご意見は、リドチューターの更なる改善のためにご活用させて頂きます!Apple Watch SEに当選された方には、個別にメールでご連絡させて頂きます。また、スタバークーポンを受領される方々には、10月中に入力いただいたメールアドレスにお送り致します。本アンケート、本キャンペーン、個人情報に関するお問い合わせについては、 https://riiid.co/jp/contact-us/ または、support@riiid.co へお問い合わせください。

Featured Post
TOEICの点数

TOEICとはどのような試験か?

TOEICは英語が母語ではない人のための公認英語試験です。  様々な文化圏の人々とビジネスコミュニケーションが可能か、 日常生活の中での英語力を評価しています。 今日、 多くの会社はTOEICの点数を採用や昇進評価などに活用しています。  TOEICは現在、 世界約160カ国で行われています。 どうしてこんなに多くの人がTOEIC試験を受けているのでしょうか。  それはTOEICが大学進学や就職のために必要な公認英語試験だからです。 約40年間の研究と標準化された試験に関する専門知識を基に、 TOEICは英語の4技能(リスニング、 リーディング、 スピーキング、 ライティング)を評価します。 公正で信頼できる点数だけでなく、 点数に対する洞察と有意義な解釈も提供しています。 160以上の国、 14,000以上の機関で活用されるTOEICは、 採用や昇進において英語力の標準化データを提供するグローバルな公認英語試験です。 TOEICはCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)のレベルに合わせて、 職場内のリスニング、 リーディング、 スピーキング、 ライティングの4技能における英語力に点数を付けて評価します。  これにより、 企業や機関に一定水準以上の英語力を持つ優秀な志願者を識別できるよう、 包括的かつ比較可能な客観的なデータを提供しています。  TOEICの点数はまた、 職場で職員を対象に英語教育プログラムを提供した時、 プログラムの教育効果を立証するのに活用することもできます。  企業内で有意義なデータを活用し、 組織のタレントプール(自社の採用候補者となり得る“優秀人材のデータベース”)を強化できるようにしてくれます。     TOEICは英語が母語ではないが、 職場や教育機関で英語を使わなければいけない人たちのために考案された試験です。 TOEICは、 合否が出る試験ではなく、 成績が点数(スピーキング、 ライティング試験の場合はレベルで)提供される試験です。  … Read More

Featured Post
10-tips-toeic-study

TOEICの独学に成功するための10のコツ

1. TOEICの無料診断テストを受験する TOEICの目標点数を独学で達成するためには、 まず自分の現時点の英語力を把握しなければなりません。 ETSのTOEIC公式サイトでは、 無料でオンラインサンプルテストを受けることができます。 または、 もっと早く簡単にTOEICの予想点数を知りたいなら、 TOEICアプリを利用する方法もあります。 「リドチューター」アプリを利用すれば、 12問解くだけで精度95%のAIが分析したTOEIC予想点数を確認することができます。 このように無料診断テストを受験し、 TOEICにおける自分の弱点を把握することは、 TOEICを独学で成功させる第一歩です。   2. 「練習効果」を活用する 一定の作業を繰り返すと遂行能力が向上するという「練習効果(practice effect)」が科学的に証明されました。 何度も繰り返すことで、 さらに効果が上がります。 TOEICも重ねて受験するほど試験のコツを掴むことができ、 少ない努力でより良い点数を取れる可能性が非常に高くなります。 TOEICは好きなだけ受けることができます。  何回受験しても、 結果自体に有効期限は定められていないので、 最も高い点数だけを記載して活用できます。 しかし、 TOEICを何度も受ければその分お金と時間がかかります。 そのため、 最も良い方法は普段勉強する時にTOEICの実戦練習を繰り返すことです。  TOEICの実戦問題をたくさん解きながら試験に備えておくのがいいでしょう。   3. 面白い勉強法を探す ​​前述した通り、 練習をたくさんするほどより良い結果が得られます。 しかし、 反復練習に効果があるということを知っていても、 そこに面白みを感じないと実践するのは難しくなります。  … Read More

Featured Post
nocite

来週、 公式リリース! 今だけ特別50%OFFセール中!

リドチューターは、 BETA版サービスを終了し、 公式リリースする運びとなりました。 公式リリースを迎えるにあたって、 大量に追加された一部のサービスを有料化いたします。 「おすすめ学習」と一部の「選択学習」は引き続き無料でご利用いただけますが、 世界中で300万人に認められた学習コンテンツやより幅広いサービスの利用をご希望される方は、 ぜひ期間限定のオープン記念価格(全商品50%OFF)でご購入いただき、 TOEICスコアアップと英語力向上のためにお役立てください! 今後もコンテンツのアップデートを続けてまいりますので、 引き続きよろしくお願いいたします。  

Featured Post
TOEICの受験目的

TOEICテストの勉強法は受験目的によって異なります!

あなたのTOEIC受験目的は? TOEICの受験目的を明確にすることは、 TOEICに向けての勉強と同じくらい重要です。 なぜなら、 TOEICを受ける理由や目標によって勉強法がかなり変わってくるからです。 今日は一般的なTOEICの受験目的や目標別にどのような対策をすればいいかをご紹介します。   なぜTOEICを受けるのか? TOEICは自分の英語力を確認するための良い手段です。 合否ではなく数値化された点数が出るため、 英語力を客観的に測定するのに適しています。 なので、 TOEICの勉強法と、 他の合否が出る試験の勉強法は同じではいけません。 TOEICの点数は高ければ高いほど良いとは言いますが、 無理な目標設定と過度な勉強は時間の無駄に繋がります。 これを防ぐために、 一般的なTOEICの受験目的をいくつかまとめてみました。 あなたの受験目的がどれに当てはまるか確認し、 勉強法を決める際の参考にしてください。   就職・インターン応募 多くの大学生が、 就職やインターン応募のためにTOEICを受験します。 TOEICは国際ビジネスに特化した試験です。 国際的なコミニュケーション能力のモノサシとなるよう1997年に考案されました。 ただし、 だからといって、 国内企業や日本支社への就職にTOEICスコアが要らないというわけではありません。 企業や機関によって多少の違いはあるものの、 多くの企業は英語を社内公用語や採用要件に設定しています。 このような場合、 募集要項に目安となるTOEICスコアが明示されています。 また、 同じ企業であっても職種によって異なるTOEICスコアを提示することもあります。 TOEICの開発機関であるETSによると、 大部分のグローバル企業はTOEIC Listening&Readingにおいて最低でも785点を要求するといいます。 志望する企業や機関が既に決まっている場合、 その企業の動向や募集要項などをきちんと確認しましょう。 … Read More

Featured Post