TOEICとTOEFLの違い

TOEICとTOEFLの違い

TOEICとTOEFLの違いをまとめて解説

こんにちは。 リドチューターです!  多くの方が受験する代表的な公認英語試験として、 TOEICとTOEFLがあります。 今日はこの2つの試験にどのような違いがあるのか、 TOEICとTOEFLの違いについて説明します。   TOEFL TOEICとTOEFLの違い、 まずはTOEFL試験から見ていきましょう。 TOEFL(トーフル)は ‘Test of English as Foreign Language’の略で、 英語が母国語ではない人が最も多く受験する試験のうちの一つです。 TOEFLはアメリカ・カナダなどの大部分の英語圏の国で大学に進学するための必須条件となっています。 さらに、 政府機関・行政機関・企業、 または奨学金プログラムなどにTOEFLの成績が必要とされることもあります。 TOEFLの成績は2年間有効とされていて、 2年過ぎた後にTOEFLの成績が必要な場合、 再受験しなければいけません。 TOEFLの点数は各セクション別に、 受験者の実力をもとに算定されます。 公式の点数をもらうためには、 リーディング・リスニングセクションの問題を解き、 エッセイライティングとスピーキングの課題まで完了させなければいけません。 TOEFL IBT試験はインターネット上で受験することができ、 セクション別の点数と合計点が出ます。   リーディングセクション(点数: 0 – 30) リスニングセクション(点数: 0 … Read More