TOEICの点数

TOEICの点数

TOEICとはどのような試験か?

TOEICは英語が母語ではない人のための公認英語試験です。  様々な文化圏の人々とビジネスコミュニケーションが可能か、 日常生活の中での英語力を評価しています。 今日、 多くの会社はTOEICの点数を採用や昇進評価などに活用しています。  TOEICは現在、 世界約160カ国で行われています。 どうしてこんなに多くの人がTOEIC試験を受けているのでしょうか。  それはTOEICが大学進学や就職のために必要な公認英語試験だからです。 約40年間の研究と標準化された試験に関する専門知識を基に、 TOEICは英語の4技能(リスニング、 リーディング、 スピーキング、 ライティング)を評価します。 公正で信頼できる点数だけでなく、 点数に対する洞察と有意義な解釈も提供しています。 160以上の国、 14,000以上の機関で活用されるTOEICは、 採用や昇進において英語力の標準化データを提供するグローバルな公認英語試験です。 TOEICはCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)のレベルに合わせて、 職場内のリスニング、 リーディング、 スピーキング、 ライティングの4技能における英語力に点数を付けて評価します。  これにより、 企業や機関に一定水準以上の英語力を持つ優秀な志願者を識別できるよう、 包括的かつ比較可能な客観的なデータを提供しています。  TOEICの点数はまた、 職場で職員を対象に英語教育プログラムを提供した時、 プログラムの教育効果を立証するのに活用することもできます。  企業内で有意義なデータを活用し、 組織のタレントプール(自社の採用候補者となり得る“優秀人材のデータベース”)を強化できるようにしてくれます。     TOEICは英語が母語ではないが、 職場や教育機関で英語を使わなければいけない人たちのために考案された試験です。 TOEICは、 合否が出る試験ではなく、 成績が点数(スピーキング、 ライティング試験の場合はレベルで)提供される試験です。  … Read More