TOEICのTOEFLの違い

TOEICとTOEFLの違い:どちらが有利か?

英語能力試験について話す時、 最もよく登場する試験はTOEICとTOEFLかと思います。 二つの試験は両方とも標準英語試験として、 リスニング、 リーディング、 スピーキング、 ライティングの4技能で英語能力を評価します。 TOEICのTOEFLの違いは何で、 それぞれ違う二つの試験で存在するのでしょうか? 今日はTOEICとTOEFLの違いと、 どちらの試験がより有利かについてお伝えします。   ETSを理解する ETS(Educational Testing Service)はTOEICとTOEFLを主催する国際的な非営利団体です。 TOEICとTOEFL以外にもGREなどの試験を主催しています。 非営利団体というと全ての人に開かれた公正な機関というイメージが浮かびますよね。 そのため非営利団体であるETSで主催するTOEICとTOEFLは全世界の多くの国と機関によって受け入れられています。   TOEICとTOEFLの違い – TOEICとは? TOEICはTest Of English for International Communicationの略称で英語の実力を判断するのに役立つ標準試験です。 TOEICは特に、 国際的な環境における英語のビジネスコミュニケーション能力を評価することに焦点を当てている試験です。   どんな人がTOEICを受けるの?  TOEICは主に国際/多国語機関で入試志願者の英語の実力を評価するための目的で使用されます。 志願者が職場で円滑に働くために英語の実力が十分でなければならないからですね。 TOEICで扱う主題は職場内のビジネス状況と関連しており、 企業が活用するのに役立ちます。 企業はTOEICを採用目的に合わせ、 管理目的で活用したりもします。 例えば、 … Read More