TOEIC基礎文法

TOEIC基礎文法

【TOEIC基礎文法】英語の品詞と文型について

公認の英語試験であるTOEICの7つのパートのうち、文法はパート5と6で出題されます。パート5は文の穴埋め問題、パート6は長文の穴埋め問題で、文法の概念について直接問う問題ではありませんが、文法をある程度知らないと空欄に入る最も適当な単語を選ぶことができません。そのため、TOEICを受けるには文法の勉強が必須です。 TOEICを勉強しようとしても、文法のどこから手をつければいいかわからないですよね?TOEIC基礎文法の中でも、まずは品詞と文型について勉強する必要があります。今日はその二つについて説明しますので、リドチューターと一緒にTOEICの基礎文法について学んでいきましょう。   TOEIC基礎文法の第一歩!英語の8品詞とは? 文を作る際に使う最も基本的な単語を「品詞」と言います。英語には8種類の品詞があるため8品詞と呼んでいます。今からひとつずつ見ていきましょう。 <英語の8品詞>  1.名詞:人や物の名称              ex) book(本)、John(人名)など  2.代名詞:名詞の代わりに用いられる語                   ex) he(彼は)、she(彼女は)、it(それは)など まず紹介する品詞は名詞です。名詞は人や物の名称を表す語です。人名のJohn、物のbook、deskなどがあります。 しかし、英語では同じ単語の繰り返しを避ける傾向があります。そのため、文の中で同じ名詞を繰り返して使う場合は、名詞の代わりが必要となります。それが8品詞のひとつである代名詞です。代名詞は名詞の代わりに用いられる語です。例えば、「John is reading a book. John thinks the book is interesting」という文で Johnとbookの繰り返しを避けるため、代名詞である 「he」と「it」を用いて「John is reading a book. He thinks it’s interesting」のように使います。 3.動詞:動作を表す語              ex) walk(歩く)、have(持つ)、go(行く)など 4.形容詞:名詞の特徴や状態を表す語                   ex) excellent(優秀な)、possible(可能な)など  … Read More