toeic toefl

TOEICとIELTS

TOEICとIELTS、どちらの試験を受けるべきか?

留学生や海外企業への就職希望者は、 高等教育機関への進学や就職のために標準化された英語試験を受けなければいけません。 大学や企業が、 学生または求職者の英語の実力を把握するために活用している公認の英語試験にはいくつかの種類があります。 IELTS、 TOEFL、 TOEICなどがこれに該当しますが、 学生のみなさんはTOEICを受けるべきなのか、 IELTSを受けるべきなのかで迷われたことがあると思います。 今日はその決定に役に立つよう、 それぞれの試験について紹介していきたいと思います。   TOEICとは? TOEICは「Educational Testing Service」略して「ETS」と呼ばれる機関が開発・管理している試験です。 ”英語が母国語ではない人々の英語でのビジネス遂行力を判断したい”という日本国際貿易産業省の要請により1970年代に開発されました。 なのでTOEICの主な目的は、 グローバル環境で働くビジネスマンたちの日常的な英語力の測定です。 ETSによると、 TOEICスコアは150カ国14,000機関で用いられているといいます。   IELTSとは? IELTSは、大学(院)および職業実践専門課程を目標としている受験者に向けたAcademicと、英語圏への移民または職業教育プログラム履修を目標としている受験者に向けたGeneral Trainingに区分されており、目的に合わせて選択することができます。ListeningとSpeakingは2種類のIELTSテストで同一の内容ですが、ReadingとWritingはどちらのIELTSテストを受けるかによって異なります。Academicは大学や大学院、または大学プログラムで使用するテーマと資料を使用するのに対し、General IELTSは本や新聞、雑誌に載っていような日常的なテーマと資料を使用します。IELTSのListeningでは主にイギリス英語とオーストラリア英語が登場するので、受験者たちはこれらに慣れておく必要があります。IELTSは合否が分かれる試験ではなく、受験者に1~9点までの総合点が与えられます。   では、 TOEICとIELTSの主な違いは何でしょう? TOEICとIELTSの主な違いのうちの一つは、 試験の目的です。 IELTSは海外で勉強をしたい人や英語圏に移民をしたい人たちに向けた試験であるのに対し、 TOEICはビジネスのための試験です。 また、 IELTSは南米や中東地域の学生に人気があるのに対し、 日本やフランスの学生はTOEICを選ぶ傾向にあります。   TOEICとIELTSのうち、 どちらの試験を受けるべきでしょうか? もしあなたが大学で勉強するためにイギリスへ留学するのだとしたら、 … Read More