toeic

10-tips-toeic-study

TOEICの独学に成功するための10のコツ

1. TOEICの無料診断テストを受験する TOEICの目標点数を独学で達成するためには、 まず自分の現時点の英語力を把握しなければなりません。 ETSのTOEIC公式サイトでは、 無料でオンラインサンプルテストを受けることができます。 または、 もっと早く簡単にTOEICの予想点数を知りたいなら、 TOEICアプリを利用する方法もあります。 「リドチューター」アプリを利用すれば、 12問解くだけで精度95%のAIが分析したTOEIC予想点数を確認することができます。 このように無料診断テストを受験し、 TOEICにおける自分の弱点を把握することは、 TOEICを独学で成功させる第一歩です。   2. 「練習効果」を活用する 一定の作業を繰り返すと遂行能力が向上するという「練習効果(practice effect)」が科学的に証明されました。 何度も繰り返すことで、 さらに効果が上がります。 TOEICも重ねて受験するほど試験のコツを掴むことができ、 少ない努力でより良い点数を取れる可能性が非常に高くなります。 TOEICは好きなだけ受けることができます。  何回受験しても、 結果自体に有効期限は定められていないので、 最も高い点数だけを記載して活用できます。 しかし、 TOEICを何度も受ければその分お金と時間がかかります。 そのため、 最も良い方法は普段勉強する時にTOEICの実戦練習を繰り返すことです。  TOEICの実戦問題をたくさん解きながら試験に備えておくのがいいでしょう。   3. 面白い勉強法を探す ​​前述した通り、 練習をたくさんするほどより良い結果が得られます。 しかし、 反復練習に効果があるということを知っていても、 そこに面白みを感じないと実践するのは難しくなります。  … Read More

TOEICとTOEFLの違い

TOEICとTOEFLの違いをまとめて解説

こんにちは。 リドチューターです!  多くの方が受験する代表的な公認英語試験として、 TOEICとTOEFLがあります。 今日はこの2つの試験にどのような違いがあるのか、 TOEICとTOEFLの違いについて説明します。   TOEFL TOEICとTOEFLの違い、 まずはTOEFL試験から見ていきましょう。 TOEFL(トーフル)は ‘Test of English as Foreign Language’の略で、 英語が母国語ではない人が最も多く受験する試験のうちの一つです。 TOEFLはアメリカ・カナダなどの大部分の英語圏の国で大学に進学するための必須条件となっています。 さらに、 政府機関・行政機関・企業、 または奨学金プログラムなどにTOEFLの成績が必要とされることもあります。 TOEFLの成績は2年間有効とされていて、 2年過ぎた後にTOEFLの成績が必要な場合、 再受験しなければいけません。 TOEFLの点数は各セクション別に、 受験者の実力をもとに算定されます。 公式の点数をもらうためには、 リーディング・リスニングセクションの問題を解き、 エッセイライティングとスピーキングの課題まで完了させなければいけません。 TOEFL IBT試験はインターネット上で受験することができ、 セクション別の点数と合計点が出ます。   リーディングセクション(点数: 0 – 30) リスニングセクション(点数: 0 … Read More